UVフィルターとスカイライトフィルターって何?

自宅付近で撮影。菖蒲かな。

自宅付近で撮影。菖蒲かな。

レンズの前玉に傷や汚れを付けるのを避けるためにプロテクトフィルターを常時付けている人が多いと思いますが,レンズの先端に付けるフィルターにはプロテクトフィルター以外にもいくつかあります。

代表的なのは光の量を減らすNDフィルターや青空を濃くするPLフィルターですが,それ以外にも「UVフィルター」とか「スカイライトフィルター」なんてのがあります。

聴いたことない人が多いと思います。それもそのはずで,カメラ屋さんに行っても最近はあまり置いてなくて,代わりに中古品コーナーによくおいてあるフィルターです。では,これらのフィルターはどういう働きをしてくれるのでしょうか。「UVだから紫外線をカットする」「スカイライトてなに?」実を言うと,僕もよくわかりませんでした。

UVフィルター

UVフィルターは,読んで字のごとく「紫外線をカットする」フィルターです。なぜ紫外線をカットする必要があるのかといいますと,実は,フイルムカメラの場合,フイルムには紫外線にも感光する(=紫外線の影響を受ける)性質があります。

フィルムが紫外線を感光すると,実際よりももやもやした感じの写真になってしまう(人間の目では紫外線は感じとれない)そうで,特に風景写真なんかでは紫外線というのは嫌われています。そんな紫外線をカットするのがこのフィルターの役割です。

こう聞くとUVフィルターを付けておいたほうが有利に思われますが,最近ではレンズ自体にUVカットのコーティングが施されているので,わざわざフィルターでUVカットをする必要はないのです。デジタルカメラの場合でも撮像素子(CMOSセンサー)やローパスフィルターにUVカット機構が備わっているので,現代ではUVカットフィルターの存在意義はほとんどありません

ただし,UVカットフィルター自体は無色透明なので,そのままプロテクトフィルターとして使っても問題ありません。

スカイライトフィルター

こちらは,UVカットフィルターをもっと進化させたようなもので,紫外線だけでなく「青色」も少しだけカットする性質があります。なぜ「青色」を少しだけカットするのかといいますと,そもそもカラーフイルムでは色温度を変更することができません。なので,特に晴天時の屋外で撮影をすると写真が青みがかってしまうことがあります。

それを防ぎ,青天下でより自然な色合いで写るようにと開発されたのがスカイライトフィルターです。フィルターの色は若干ピンク色(マゼンダ)になっています。

青空の下で撮影する場合はいいのですすが,それ以外の場所,例えば室内で撮影する場合には逆に色合いが狂ってしまいます。より正確な色温度の調整にはゼラチンフィルターを使うのがベターでしょう。

また,もうお分かりだとは思いますが,デジタルカメラにはいずれもホワイトバランス調整が可能ですから,スカイライトフィルターの存在意義は,こちらも現代では皆無でしょう。

ということです。いずれも,保護フィルターとして使っている人をちらほら見ますね。ただ,いずれもデジタルカメラには不要な存在なので,ひっそりと姿を消してしまったのでしょう。

広告